[ 並び順を変更 ] - 在庫順 - 価格順 - 新着順
全 [171] 商品中 [1-60] 商品を表示しています 次のページへ

「Utekl nakresleny pes aneb dobrodruzstvi s cernou tuzkou」1964年 Jiri Tichy イジー・チヒー

5,500円(税込6,050円)

「描いた犬が逃げた、あるいは黒鉛筆との冒険」という長いタイトルの絵本。そのタイトルからも想像できますが、紙に落書きで犬を書いていたら、その犬が勝手に動き回ってしまい・・・


「Rikatka malovana na vratka」1984年

3,000円(税込3,300円)

ミロシュ・ホランスキーの詩51篇にイラストが付けられています。ほぼ全ての見開きにイラストがあります。かわいい動物から、かわいく無い動物まで満載です。たまに目がマジの動物もいて面白いですよ。


「Adelka zvoncekova」1981年

2,500円(税込2,750円)

カラフルな色使いのイラストが目を引く絵本です。人物だけは結構リアルなタッチで描かれています。ブラチスラヴァのムラデーレター社発行。


「Prijede cirkus!」1988年

3,000円(税込3,300円)

1980年にモスクワで発行された絵本のチェコ語翻訳版です。サーカスという内容ならではなのか、コミカルな動物たちのイラストが満載です。



「Bleska a veska」1970年

3,000円(税込3,300円)

チェコの有名な作家、ヤン・ヴェリフのお話にボフミル・ヴァシャークがイラストを担当した絵本です。チェコ絵本には有名なイラストレーターが手がけたものでなくても素晴らしい絵本がたくさんあります。


「Nasel kohoutek v trave prstynek」1978年

2,000円(税込2,200円)

ニワトリが指輪を見つけて彼女にプレゼントしようとするのですが、邪悪なおばさんに横取りされてしまいます。邪悪なおばさんに仕返しをして一件落着というお話ですが、注目すべきは邪悪なおばさんの顔。


「Laris Ridibundus」1965年

3,000円(税込3,300円)

表題作を含む17の短編が収録された絵本。表紙のデザインもなかなかの物ですが、中のイラストもとても素晴らしく、とても面白い絵本です。


「Angatar」1965年

3,000円(税込3,300円)

様々なイラストレーターが様々な国を紹介するkamaradiシリーズ、グリーンランドのお話。グリーンランドの先住民族、カラーリットの生活習慣、動物などについてのイラストが満載です。



「Atomino」1976年

3,000円(税込3,300円)

コミカルな原子モチーフのキャラが騒動を起こすお話。大はしゃぎしていたかと思ったら牢獄に入れられたりしていて面白いですよ。イラストはポップアップ絵本などでもお馴染みのグスタフ・セダが主に担当しています。


「Jak Martinek slunicko hlidal」1962年

3,000円(税込3,300円)

見開きの左側にイラスト、右側にテキストという構成になっています。チェルベンコヴァーという名前宜しく、赤い線で描かれた牧歌的なイラストがとても素敵です。


「Junacka Pasovacka」1987年

3,000円(税込3,300円)

スロヴァキアのムラデー・レター社から出版された絵本です。版画によってイラストが描かれています。版画だからと言うこともあるのでしょうが、簡素化されたイラストがとてもいい味を出しています。


「Kde obchazi Jonas」1964年

2,500円(税込2,750円)

航海日誌のように日付ごとに出来事が進んでいく絵本です。さりげなく写真とのコラージュが使われていたり、一点一点がとても完成度の高い素敵なイラストばかりです。



「Kokrhaci hodiny」1965年 Miroslav Klominek ミロスラフ・クロミーネク

4,500円(税込4,950円)

全63ページに20点以上のイラストがあります。これらは全て コラージュによるもので、絶妙にイラストと写真が組み合った かなり素晴らしいアートワークになっています。


「Kulda kulisek」1974年 Vojtech Cinybulk ヴォイチェフ・チニーブルク

3,700円(税込4,070円)

表紙を飾っているかわいらしいクマが主人公のお話が3作収録された絵本です。いかにも悪そうなオッサンが出てきたり、かわいい動物が出てきたりとバラエティに富んでいます。


「Chytraci」1973年

2,800円(税込3,080円)

表紙に描かれている、パイナップルのようなフクロウが楽しげですね。しかし収録されているイラストは、少しくすんだ色合いで、物悲しげなタッチのイラスト。東欧的な印象のイラストが多く、コリーンスカーやビェホウネクなどが好きな方にお勧めです。


「Odkud prichazeji mraky」1976年

2,800円(税込3,080円)

ロシアで発行された絵本のチェコ語翻訳版。オルガ・フランツォヴァーがイラストを担当しています。



「Muze za to blecha」1976年

3,000円(税込3,300円)

1972年に旧ソ連で発行された絵本のチェコ語翻訳版。イラストをオルドジーフ・イェリーネックが担当しています。色使いは深い色が多いのですが温かみのあるタッチで、ベルコヴァーなどが好きな方におススメ


「Az pujdes lesem」1977年 Richard Blaha リハルト・ブラーハ

4,200円(税込4,620円)

「君が森の中を通ったら」というタイトルで、森の中を歩いて絵本に描かれている植物を集め、該当するページには透明の袋がついているので、そこにコレクションしていこうという、遊べる絵本です。


「Nova dobrodruzstvi stare Lzicenky」1985年

3,000円(税込3,300円)

アルフ・プリョイセンの名作『スプーンおばさん』のチェコ語翻訳版です。ところ変わればイラストも変わるもんです。 全62ページに20点のイラスト。


「Neco o tobe」1983年

3,000円(税込3,300円)

「自分自身についての様々なこと」というタイトルのとおり、人間の体はどのようにできているのかなどが、ちょっとリアル、ちょっとかわいく描かれた一冊です。



「Cesty k princeznam」1962年 Josef Jicha ヨゼフ・イーハ

15,000円(税込16,500円)

ヨゼフ・イーハがイラストとお話の両方を手掛けた作品です。寡作な作家でどれも貴重です。しかしその中でもこの作品はチェコ絵本の凄さを思い知らされるようなとんでもない一冊です。


「Nahoru, dolu a jeste krazem」1964年

3,000円(税込3,300円)

「Kde obchazi Jonas」でも美しいアートワークを見せたズデナ・マツクーのイラストによる絵本です。色鉛筆の柔らかなタッチとコラージュが組み合わされた面白い作品に仕上がっています。


「Nahoru, dolu a jeste krazem」1967年

3,000円(税込3,300円)

「Kde obchazi Jonas」でも美しいアートワークを見せたズデナ・マツクーのイラストによる絵本です。色鉛筆の柔らかなタッチとコラージュが組み合わされた面白い作品に仕上がっています。


「Mali sportovci」1985年 Kornelie Nemeckova コルネリエ・ニェメチコヴァー

4,000円(税込4,400円)

ヨゼフ・ブルクネルのお話にコルネリエ・ニェメチコヴァーがイラストを手掛けた絵本です。スポーツに関する内容で、子供がサッカー、水泳、スキーなどをしているイラストが満載です。



「Svetlusky」1996年

3,500円(税込3,850円)

Svetluskyというとクドゥラーチェクの絵本を真っ先に思い浮かべるのですが、こちらはエヴァ・フラントヴァーがイラストを担当した96年版です。


「Rozpravky z lekarne」1990年

5,000円(税込5,500円)

スロヴァキアの作家ミルシェ・オラフツォヴァーがイラストを担当する絵本。スロヴァキア絵本の系譜を受け継ぐような独特のタッチで描かれています。



「Hurvinkovy vecernicky pro kluky i pro holcicky」1981年

soldout

表紙を見ればすぐにわかる、人形劇でおなじみ、スペイブルとフルビーネクです。このキャラクターの産みの親はトゥルンカが師事していたことでも有名な「チェコ現代人形劇の父」ヨゼフ・スクーパです。


「Klaun Ferdinand a raketa」1965年

soldout

ピエロのフェルディナンドとロケットというタイトルの写真絵本。ほぼ全てのページにモノクロの写真があります。


「Hrajeme si na obrazky」1973年

soldout

これと同じポーズをしてみよう!という絵本です。左ページに動物のイラスト、右ページには「こうするんだよ」とでも言わんばかりのポージングイラストが描かれているという、なかなかコミカルな絵本です。



「Jakub a dve ste dedecku」1963年

soldout

短編ばかりを17編収録した絵本です。太い線とハッキリとした色使いで描かれたイラストはかわいらしいと言うか、能天気というか、まぁそんな感じです。何はともあれ、足の細すぎるライオンは必見です。


「Ked pojdes horou」1963年

soldout

「きみが山を通ったら」山で見かけることのできる木々のイラストが描かれています。同じページには透明の袋が綴じこんであり、木の葉を保存できるようになっています


「Me zazracne ja」1974年

soldout

人間の身体ってこんなにすごい、というテーマの下に書かれた学習絵本です。人体の器官などのイラストもあるのですが、イラストのタッチがかわいいので不思議な感じです。色使いもとても鮮やかです。


「Lupienky」1971年

soldout

春夏秋冬にあわせ、短い詩とイラストで構成された絵本です。クレヨンで思い切り良く、色鮮やかに描かれたイラストはどれも明るい楽しさにあふれています。



「Usmivanky」 1985年

soldout

50ほどの詩に色鮮やかで美しいイラストが描かれています。特に鳥と猫の絵はかなりかわいいので猫好き、鳥好きにはオススメです。表紙のビニールコーティングに気泡、裏表紙の見開き部分に割れがあり、テープで修復されています。


「Lesni Schovavacky」 1984年

soldout

1970年にロシアで発行された絵本のチェコ語版です。優しいパステル調の色彩で、動物達が写実的に描かれています。87ページ全ての見開きにイラストがあります。


「Co vypravel dalekohled」1980年

soldout

1972年にロシアで発行された宇宙についての学習絵本のチェコ語版です。星がどのように構成されているか、月はなぜ満ち欠けするか、ロケットはどうやって飛ぶか。などが楽しく紹介されています。ま、チェコ語ですが。


「Kocka lovi pri mesici」1974年

soldout

東ドイツで発行されていた絵本のチェコ語翻訳版です。表紙に描かれている愛嬌のある表情の猫が主人公で、全28ページ中すべてのページにイラストがあります。



「Co se stalo v nedeli」1989年

soldout

得体の知れない動物が表紙に描かれている挑戦的な絵本です。ま、見慣れるとこんなのでもかわいく見えてくるから不思議ですが。


「Parta pana Pumpana」1970年

soldout

妙にコミカルなこのおっさんが主人公です。アニメーションっぽいタッチのイラストなのでミレルやピラジュの作品が好きな方にオススメです。70年発行ですが状態もかなり良いです。


「Pohadka o dvou mrazicich」1958年

soldout

二人の雪の精のお話。全40ページ、全ての見開きにイラストがあります。雪の雰囲気がとても美しく表現されたイラストで、寒い風景を描いているのに温かみが感じられます。


「Liska a Myska」1977年

soldout

モスクワで1972年に発行された絵本のチェコ語翻訳版です。ねずみのリシュカとキツネのミシュカのお話。



「Zvonim, zvonim na zvonecek」1989年

soldout

キツネの背中に人やウサギがまたがった、コミカルな表紙のイラストがいいですね。ウサギなんか死んでるみたいです。中のイラストも負けず劣らずコミカルでオススメですよ。


「Obr-dobr pejsanek a ztraceny dum」1983年

soldout

イラストを担当するマルタ・ソンベルゴヴァーという人の絵は初めて見たのですが、寂しげで良い感じです。モノクロで細い線画というのが雰囲気をぐっと引き立てています。


「Pustte basu do rozhlasu」1979年

soldout

「ラジオ局へレッツゴー!コントラバス」というイカしたタイトルのこちらの絵本は、表題作を含む5編が収録された絵本です。


「Za pisnickou jeste jinak」1985年※レコード付

soldout

かわいらしい三羽の鳥が歌う表紙が目を引くこちらは音楽の本です。中には色んな楽譜が収められています。



「Kocour v botach a jine romanske pohadky」1988年

soldout

260ページ強のボリュームに、表題の「長靴をはいた猫」の他、50を超えるお話が収録されています。3ページに1度ぐらいの割合でイラスト有。


「Eliska a tata kral」1989年

soldout

少し小さめのサイズのこちらの絵本は、おてんばな女の子エリシュカのお話。描かれているイラストを見るかぎり、悪さばっかりしています。


「Pohadka o statecne divce a loupezniku zelenovousovi」1975年

soldout

かなり突き抜けてしまった感の漂う、サイケデリックなイラストがダイナミックに配置されています。おそらくラトビアで発行された絵本のチェコ語翻訳版と思われます。


「Nevidano neslychano」1989年

soldout

全46ページの詩集です。全ての見開きにコミカルでかわいらしいイラストがあります。イラスト、テキストともにヨゼフ・カイナル本人によって書かれています。



「Michalka a Julian」1987年

soldout

短編のお話が多数収録されています。カクカクとした幾何学的なタッチですが、とてもかわいいイラストが満載の絵本です。


「O slepicce s nepravymi kuratky」

soldout

ニワトリと言えば東ドイツのエッグスタンドが有名ですが、こちらのニワトリがかわいらしい絵本も、東ドイツで発行された絵本のチェコ語翻訳版です。ポップでカラフルな色使いとイラストのタッチが何とも言えません。


「Slavik pod destnikem」1964年

soldout

チェコ絵本好きには、ぜひ手にとって見ていただきたい一冊。青を基調とした美しいイラストが満載の絵本です。1964年の発行ですが状態もよく、ザラッとした紙ですが、発色がとても鮮やかで綺麗です。イラストもかわいらしいものが多くとてもおすすめです。


「Za lesy a za horami」1966年

soldout

ポーランドに伝わる昔話を11編収録した絵本。ほのぼのとした、どこと無くユーモラスなイラストタッチです。7、8ページに1度ほどの割合でイラスト有。



「Prazsky pruvodce pro nejmensi chodce」1983年

soldout

ヴルタヴァ川やヴィシェフラットなどプラハの名所が登場するボード絵本。なぜか河童の親子も登場します。全12ページ、全ページにイラスト有。


「Medvedi kral」1981年

soldout

クマの王様という表題作を含む、全50篇もの短いお話を収録した絵本。全205ページに40点ほどのイラストがあります。フランタっぽいタッチなのでお好きな方いかがですか?


「Mama, tata, ja a Eda ceska abeceda」1990年

soldout

ママとパパと僕とエダ(犬)というタイトルのチェコ語勉強本。1988年にオーストリアのウィーンで出版された絵本のチェコ国内版です。


「Pojd si na to hrat」1961年

soldout

「いっしょにやってみよう」てな感じの参加型絵本で、時計や飛行機、動物たちのイラスト共にポージングの見本が描かれています。などと、文字で説明するよりも、見てもらったほうが手っ取り早いです。


全 [171] 商品中 [1-60] 商品を表示しています 次のページへ
Top